B型肝炎給付金制度とは


B型肝炎とはウィルス性の肝炎の一つです。このB型肝炎に関しての一つの問題が、昭和23年から昭和63年までの間に集団予防接種などで注射器が使い回しされたことによる集団感染です。もしもこの時期に集団予防接種など受けている方はB型肝炎に感染している可能性があります。B型肝炎と言ってもすぐに何らかの症状が出るわけではなく、全く症状が出ないまま生活できているケースがあります。また一時的に肝炎の症状が見られたとしても自然治癒してしまうこともあります。しかしながらB型肝炎に集団予防接種などによって感染してしまった場合、ひどい場合には重篤な症状が出てしまうこともあるのです。自覚症状があるにしてもないにしても国がこの事態を重く受け止めB型肝炎の給付金制度を定めました。

給付金B型肝炎の給付金を受け取るためにはまずは訴訟を起こさなければなりません。そして集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したということが認められて初めて、国と和解するという形で給付金が支給されるのです。非常に重い症状の場合には3千万円を超える給付金が支給されるため、B型肝炎に感染している可能性のある方や、実際になんらかの症状が出ている方にとっては是非利用すべき制度と言えるのです。しかしながら訴訟という非常に面倒に思える手順を踏まなければいけないことと、B型肝炎の感染経路を証明するための証拠集めに多大な時間を要することから、B型肝炎の給付金制度を利用している人は、全体ではほんのわずかとも言われています。こうしたことをふまえて弁護士に相談する方法についてご説明していこうと思います。

最近の投稿

2018年7月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031