弁護士に相談しよう


相談B型肝炎の給付金を受け取るために弁護士を利用することをお勧めをします。なぜなら弁護士はB型肝炎の訴訟に関する手続きをほとんどを代行してくれるからです。とりわけB型肝炎の感染経路を突き詰めるための証拠集めは膨大な時間がかかりますし、通常は平日の昼間を利用して集めなければ間に合わないでしょう。自分自身の何らかの仕事があれば平日にしょっちゅうそうした証拠集めをするというのは現実的に難しいものです。そこで弁護士に依頼するならそうした証拠集めもポイント押さえた効果的なものとなりますし、依頼主が自ら動く必要がありませんので証拠集めに関するストレスもかなりの程度軽減されるでしょう。

弁護士に相談すると言うと非常に高い着手金がかかるというイメージがあるかもしれません。しかし国によって弁護士会の依頼を援助する制度もありますし、多くの場合B型肝炎訴訟に非常になれた弁護士であれば着手金は無料としているところも少なくありません。弁護士の報酬はB型肝炎の給付金から何パーセントかを差し引く形で支払うケースが多く、自主的に依頼者が多くの負担をしなければいけないということはあまりないでしょう。まずは自分が該当するのかどうか、弁護士に相談してみるとよいでしょう。

 

肝炎の治療法

給付金を受け取ったとしてもB型肝炎そのものが完治するだけではありません。ではB型肝炎に感染してしまった場合どのような治療法があるのでしょうか。急性B型肝炎はほとんどの場合自然に治癒していくケースがほとんどですがそれでもB型肝炎ウイルスによるキャリアによって発症するB型肝炎を完治させることは基本的にはできません。そのため症状が重篤化する前に適切な処置を行っておく必要があるのです。

検査治療法には肝庇護療法や抗ウイルス療法さらには免疫療法などが挙げられます。人それぞれどの治療法が一番体に合うかというのをまずは吟味しなければなりません。肝臓の状態はもちろんのことながら全身の様々な健康状態をしっかりと把握し副作用などにも注意しながら治療を進めていく必要があります。B型肝炎が重篤化すると非常に厄介ですのでできるだけ早めに治療を開始する必要があります。そして経済的な負担を極力なくすためにもなるべく早急にB型肝炎給付金制度を利用する必要があるでしょう。B型肝炎に集団予防接種によって感染したわけではないとしても、集団予防接種によって感染した親から生まれている場合母子感染の可能性も非常に高いといえます。該当する方は早めの検査を行いましょう。

B型肝炎給付金制度とは


B型肝炎とはウィルス性の肝炎の一つです。このB型肝炎に関しての一つの問題が、昭和23年から昭和63年までの間に集団予防接種などで注射器が使い回しされたことによる集団感染です。もしもこの時期に集団予防接種など受けている方はB型肝炎に感染している可能性があります。B型肝炎と言ってもすぐに何らかの症状が出るわけではなく、全く症状が出ないまま生活できているケースがあります。また一時的に肝炎の症状が見られたとしても自然治癒してしまうこともあります。しかしながらB型肝炎に集団予防接種などによって感染してしまった場合、ひどい場合には重篤な症状が出てしまうこともあるのです。自覚症状があるにしてもないにしても国がこの事態を重く受け止めB型肝炎の給付金制度を定めました。

給付金B型肝炎の給付金を受け取るためにはまずは訴訟を起こさなければなりません。そして集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したということが認められて初めて、国と和解するという形で給付金が支給されるのです。非常に重い症状の場合には3千万円を超える給付金が支給されるため、B型肝炎に感染している可能性のある方や、実際になんらかの症状が出ている方にとっては是非利用すべき制度と言えるのです。しかしながら訴訟という非常に面倒に思える手順を踏まなければいけないことと、B型肝炎の感染経路を証明するための証拠集めに多大な時間を要することから、B型肝炎の給付金制度を利用している人は、全体ではほんのわずかとも言われています。こうしたことをふまえて弁護士に相談する方法についてご説明していこうと思います。

最近の投稿

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031